ロックフェラーについて

現在ロックフェラーの支配する企業には、エクソン、モービル、シェブロンなどの「石油カルテル」を始め、シティバンク、チェース・マンハッタン銀行 などの「金融カルテル」、ニューヨーク・ライフ、エクイタブル・ライフ、メトロポリタン・ライフなどの「保険カルテル」、インターナショナル・ハーベス ター、クエーカー・オーツ、ジェネラル・フーズ、モンサントなどの「食糧カルテル」、さらにユナイテッド、ノースウェスト、デルタなどの「航空カルテ ル」、さらにはテキサス・インスツルメント、ボーイング、イーストマン・コダック、アライド・ケミカル、ミネソタ・マイニング・アンド・マニファクチュア リングなどのアメリカを代表する巨大企業がずらりと名を連ねる。まさにロックフェラーこそアメリカ経済の陰の支配者。

こうしたことから世界一の金持ちにランクされても不思議ではないロックフェラーだが、アメリカの真の支配者の富はビル・ゲイツのような成り上がり者 と違って『フォーチュン』などの長者番付に載ることは決してない。これらの企業から入るロックフェラーの莫大な収入は彼らの所有する数百に上る「無課税財団」に蓄えられ、課税もされずに闇から闇へと消えていくのである。ロックフェラー財団。ゲイツやバフェットは資本主義のプレイヤーであり、資本主義のルールにのってプレイしているにすぎない。一方ロックフェラーなどの資本主義を支配する財閥達は自分たちが法律やルールを作る立場であり、いわば資本主義の支配者・管理者にある。彼らにとってはお金自体もいくらでも作り出せるし、戦争を起こして意図的に相場を動かす戦争商売などもできる。いわばやりたい放題できる立場にある。

よく世界一の金持ちはマイクロ・ソフトのビル・ゲイツだと言われたりするが、彼の資産は584億ドルであるのに対し、ロックフェラー家の資産総額は8375億ドルである。それをわかってかビル・ゲイツもビルメリンダ財団などを作っている。

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!