恐ろしいイメージの追証ってあるの?

株取引の証券会社や日本のFX会社には入金額以上に損をする「追証」というものがあります。これは、リーマンショックのように為替レートの相場が極端に動いた時に発生し、本来は証拠金内で損失を抑えるための強制ロスカットが間に合わないというケースがあるのです。強制ロスカットが間に合わなくて、証拠金以上の損失が出てしまった場合は、日本のFX業者の場合は「追証」といって追加の保証金を請求されてしまうのです。特に昔のFX会社はひどく、自社のサーバーが弱くてサーバーダウンしているときに相場が動いて顧客が損切りしたくてもできないようなお粗末な恐ろしいことも起きていました。

 

 

しかし、海外FX業者の場合は「追証ゼロサービス」「ゼロカットサービス」「0カットシステム」と呼ばれるサービスが導入されていることが一般的で、証拠金以上の損失が出ても、海外FX業者側が損失はかぶります。という仕組みになっています。 海外FX会社は「お客様が入金された金額以上を失うことはありません。万一ある通貨ペアのスリッページにより残高がマイナスとなった場合は、当社のバックオフィス部門にて即座に修正いたします。」ということを宣言しています。

 

事実、海外FX会社から追証請求された話などありません!

 

これが世界基準なのです。

 

つまり、海外FXの方が、日本のFXよりも、親切ということになります。日本のFX会社のほうが遅れているのです。いまだにロスカット未遂のシステムトラブルを出している腐ったFX会社が一部に存在しており、日本のFX会社を使うことそのものがリスクとなっています。しかし海外FX会社なら、海外FX初心者の方も、「追証ゼロサービス」「ゼロカットサービス」「0カットシステム」により入金した証拠金以上請求されることはないため、安心して海外FXを楽しめるのです。ハイレバがお好きな方は、「追証ゼロサービス」「ゼロカットサービス」「0カットシステム」で証拠金が無くなるギリギリまでポジションをとって少額資金で大勝負をするといいでしょう。実際、100ドル程度の証拠金でXMの888倍レバレッジと100%入金ボーナスで17万ドル相当の取引をし、数日で1万ドルまで増やしている人もいます。

 

 

 

「追証ゼロサービス」「ゼロカットサービス」「0カットシステム」のある海外FX会社

 

 

XM
最大888倍のハイレバレッジとボーナスが最大の魅力
1~888倍までの柔軟なレバレッジ率
口座残高がマイナスになっても0になる0カット制度
証拠金維持率20%以下で強制ロスカット (※レバレッジ888倍×ボーナス×0カットでハイレバレッジ条件は一番良い)
夜間および週末の証拠金率の変更なし
注文の99.35%が1秒以下で執行
リクオートは一切なし
注文拒否なし
オンラインと電話による発注
日本語サポートはメール、電話

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!