日本と海外のFX会社の相違点

海外のFX会社と日本のFX会社の違いはどこにあるのでしょうか?基本的に日本国内と海外のFX会社を比較した場合、国ごとの法律の違いによって、トレードに関する規制、税金などが異なってきます。

例えば、アメリカではリーマンショック後に、両建て禁止というルールが定められています。日本でも、レバレッジ規制が入ったことによって、現在のところではレバレッジにかけることの出来る倍率は最高で25倍となりました。

かつては、100倍、200倍、と言ったようなハイレバレッジでのトレードをすることも出来たので、少ない資金からでも大きな利益を出すことが出来るチャンスがありました。数年前ですが、主婦の方がFXで数億円稼いだと言ったニュースが流れたことも記憶に新しいところです。

ただし、ハイレバレッジでの取引は、ハイリターンでもありますが、ハイリスクでもありますので、FX取引が過熱したことによって、多くの個人投資家が損益を出してしまいました。自己資金を超えた取引をするのですから、当然の結果だと言えます。

こうしたことが増えたことから、FX取引のレバレッジに規制が入り、先物取引と同じ水準にまでレバレッジは引き下げられました。日本からでも海外のFX会社を利用することによって、レバレッジの規制がかからない取引をすることが可能です。

ただし、自己資金を海外で運用したとしても日本にお金を持ち込んだ時点で、日本の法律が適用されて税金を支払わないといけなくなります。このことはしっかりと覚えておくと良いでしょう

 

 

 


 

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!