日本のFX会社はノミ行為をしている

日本と海外のFX会社では仕組みが違います

 

日本のFX業者

OTC取引(Over The Counter)

相対取引/店頭取引/ノミと呼ばれる手法

 

海外のFX業者

電子取引所取引(ECN)

 

このように明確に取引方法が違っているのです。

 

日本のFX会社はノミ屋、まともな海外FX会社のほうが有利

 

日本のFX会社の取引は相対取引/店頭取引と言われており、投資家が注文を入れてもそれが直接インターバンク市場に流れるわけではありません。一度FX会社がその注文を受けるのです。その注文をどこに流すのかはFX会社次第です。そのため顧客同士の注文をぶつけるノミ行為がされているのです、ノミとは、競馬で言うなら友人に頼まれた馬券を買わずに本当に当たったら自腹で払って、当たらなかったらそのままふところに入れてしまう方法です。手数料はそのままFX会社が懐へ。そのため、日本のFX業者はトレーダーが負ければ負けるほど儲かります。そのため、約定力が低く、スリッページが起こりやすい状態を作って負けやすい仕組みにしているのです。実際スキャルピングを多様する投資家はFX会社から煙たがれ、根拠のない言いがかり(ツール使ったとか、サーバーハックしたとか)をつけられて口座を凍結されてしまうのです特にスプレッドが狭いとうたっているDMMFXやGMOクリック証券などは口座凍結をたくさん行っている戦犯です

 

一方、海外FXの場合は、電子取引所取引(ECN)を利用しています。これは、株式でいう東京証券取引所のようなものです。FXのトレーダーが直接集まって、売買をする形をとっているのです。物理的な場所がないために、電子取引所取引(ECN)と表現されますが、海外FX業者は完全に仲介に徹するのです。そのため、FXブローカーと言われるのです。こう考えると日本のFX会社はFXブローカーとは呼ばれないのがよくわかります。日本のFX会社はFXノミ屋なのです!

 

海外FX業者は、トレーダーの取引量に応じた手数料収入が収益源なので、できるだけ投資家に儲けてもらって大きな金額をトレードしてほしいという仕組みが成り立つのです。だからたくさん取引ができるハイレバレッジを設定したり、投資金額が増える入金ボーナスなどを行ってできるだけ取引量を増やそうと企業努力をしています。

 

また、電子取引所で直接売買をするため、約定力がほぼ100%でスリッページがほとんど起こらないのです。

 

このように海外FXを利用したほうが公平な約定で取引をすることができるのです。特にスキャルピングなどの短期取引を取引スタイルにしているFXトレーダーの方であれば、約定力が重要になるため、海外FXをおすすめします。海外FX会社はスプレッドが狭いと言われていますが、Pepperstone(ペッパーストーン)などはドル円やユーロドルのスプレッドが0.2~0.5pipsという日本のFX会社と同じ条件で取引できるので、日本FX会社に口座を凍結されたスキャルピングのトレーダーはみなさんペッパーへ移行しています。ペッパーの他にスプレッドが狭いところにはMyFXmarketsなどがあります。

 

 

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!