低スプで選ぶPepperstone

海外FX会社は日本と比較してもやはりスプレッドが広い水準にあります。ユーロドルやドル円で2.0pipsという数値は普通です。スイングトレードであればこれくらいでもいいのですが、ハイレバレッジでのデイトレードではちょっと広い水準になります。どうにかならないか?と思うでしょう。

実は海外FX会社はたくさんあり、その中で調べれば低スプレッドの業者もあるのです!その中で今日本人投資家に人気なのがPepperstone(ペッパーストーン)です。オーストラリアにあるFX業者で、豪円のスプレッドが非常に狭くなっています。豪ドル以外の通貨ペアでもなんとスプレッド0.1pipsを提供する低スプレッドNo.1FX会社。さらにインターバンク直結のレートを提供!さらにさらに面倒な銀行送金の問題解決。国内の三井住友銀行と連携しており国内送金で入金が可能なんです。もちろん日本語サポートはメール、電話があります。

 

Pepperstone 口座開設

 

また他に低スプレッドの海外FX会社はどこ?と聞かれたらAxiTrader(アクシトレーダー)を挙げます。

 

こちらもオーストラリアのFX会社であり、日本での人気はpepperstoneよりも落ちますが、現地オーストラリアではシェアNo.1とペッパーよりも人気のFX会社なのです。多くの顧客を抱えるからこそ潤沢な資金が周り、ペッパーよりもキャンペーンなどをよく行ってくれています。こちらはあまり日本進出に力をいれていないのか日本語サポートがメールだけとペッパーよりも見劣りしますが、それ以外の点では低スプレッド海外FX会社として十分使えます!

 

pepperstoneとaxitraderのスプレッドの比較はこちらです。低スプレッドならどちらでも使えます!Axitraderにはstandard口座とPro口座があり、Pro口座はスプレッドが狭い分、日本円で630円の手数料がかかります。手数料を考慮するとどれも同じくらいのスプレッドになることがわかりますね。どれを選ぶが迷います!

 

Pepperstone(ペッパーストーン)のホームページはコチラから<<

 

AxiTrader(アクシトレーダー)のホームページはコチラから<<

 

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!