海外FXを始める時に必要な書類

海外FXを始める時には、どんな書類が必要になるのでしょうか?レバレッジ規制が入って以降、日本国内ではなく海外のFX会社を利用する個人投資家の方も増えてきています。海外のFX会社の口座を開設するのに現地に住んでいなくても大丈夫なのかと心配する人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、日本からでも海外FX会社への口座開設は簡単にできてしまいます。近年では、海外FX会社でも日本語のサポートが充実していることもあり、口座を開設するのに費用もかからないので、手軽に口座開設することが出来るようになっています。海外FX会社の口座を開設するにあたって、必要な書類がいくつかあるのですが、基本的には本人確認書類と住所証明書類の2つです。

本人確認書類としては、パスポートや運転免許証などの写真付きの身分証明書が必要となり、住所の証明としては公共料金の支払い明細、携帯電話の請求書などが必要となります。他にも、住所の場合は、住民票、水道、ガス、電気、などの利用明細、クレジットカードの利用明細でも大丈夫です。

口座開設する海外FX会社によって、本人確認用書類と住所証明書類の2つとも必要になることもあれば、いずれか1つ必要になることもありますので、契約する時にはきちんと確認しておきましょう。口座開設時の大雑把な流れとしては、契約したい海外FX会社のウェブサイトから口座開設のボタンを押して、登録フォームに必要事項を記入し、必要書類のアップロードを行います。

アップロードが終われば、申込完了メールが届きます。その後、海外FX会社が確認作業をとって、確認が取れれば口座が開設されます

 


 

XM
最大888倍のハイレバレッジとボーナスが最大の魅力
1~888倍までの柔軟なレバレッジ率
口座残高がマイナスになっても0になる0カット制度
証拠金維持率20%以下で強制ロスカット (※レバレッジ888倍×ボーナス×0カットでハイレバレッジ条件は一番良い)
夜間および週末の証拠金率の変更なし
注文の99.35%が1秒以下で執行
リクオートは一切なし
注文拒否なし
オンラインと電話による発注
日本語サポートはメール、電話

 

 


 

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!