海外FX会社って信託保全してるの?

FX会社には分別管理と信託保全という2つの管理方法があります。

分別管理とは

事業の経営資金と海外FXトレーダーから預入されている証拠金を別々の口座で管理することを言います。企業経営の従業員の給料に証拠金が使われては たまったものではありません。実際日本にはFX札幌やアルファFXという悪質FX会社が顧客の資金を使い込んだ横領事件が勃発しています。しかし横領はこの分別保管すらできていなかった事例であり、きちんと第三者機関からの目を通した分別管理がなされていれば問題はありません。海外FX会社の大半はこちらの資産管理方法になります。

信託保全とは

信託保全は、預入してもらった証拠金を別の管理者(信託銀行など)が別の口座で管理することを指します。管理自体が別の法人が行っているものであり、海外FX業者が倒産したとしても、証拠金は戻ってくるのです。海外FX会社では少数派になります。

 

これだけを見ると海外FX会社の安全性は日本のFX会社より劣るということになります

 

実際否定はできません。信託保全がされているのはXMIronFXぐらいのものであり、ほかはほとんどが分別保管です。

 

一流金融機関で管理されてる!

 

しかしそれほど心配はありません。XMは英のバークレイズ銀行、Pepperstoneは豪の大手銀行NBA、IronFXはUBS、バリパ銀行など世界的な銀行で資産管理をしているのです。

 

XMなどは、自社の管理体制に外部の第三者機関のチェックまでを受け入れています!

 

言うまでもなくこういった一流の金融機関は基準も厳格であり資産の横領など起きないよう徹底的な管理方法と第三者機関による監視の目が光っています。こういった一流の金融機関を通しての横領事件というのは全くといっていいほど起こっていません。むしろ暴力団とつながっていたみずほ銀行やトンデモナイ赤字を垂れ流した新銀行東京のように、日本の金融機関のほうが信用できません。その証拠にこういったグローバルな一流金融機関の格付けはAであるのに対し、日本の金融機関は3メガバンクでさえ、B、B+、程度に過ぎません。Aクラスの一流金融機関で管理されている海外FX会社と、横領事件や脱税事件を垂れ流し国際的にもBクラス以下の日本の金融機関、どちらが信頼できますか?

 

 

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!