海外FX会社のレバレッジ比較

FX取引の魅力の1つであるレバレッジですが、海外FX会社ではレバレッジの上限がどのくらいなのか、幾つかの会社を比較してみましょう。日本国内では、レバレッジ規制が入ってしまったことによって、最大25倍までと規制されることになりました。これは先物取引と同じ水準だと言えます。この規制は日本国内に拠点を置くFX会社が対象となりますので、海外FX会社は、レバレッジ規制の対象にはなりません。

つまり、海外FX会社を利用することで、日本国内にいながらにしてハイレバレッジの取引をすることが出来ます。海外FX会社の中でも、最もレバレッジ倍率が高い会社と言えば、IFCMarketsです。最大レバレッジが1000倍となっており、かなりダイナミックな取引をすることが出来るでしょう。

入金は1米ドルからとなっており、100通貨単位から取引をすることが出来ますので、敷居も低いと言えます。有効証拠金には、年に2%の金利がつくことになり、入金時の海外送金手数料を一部負担してくれるサービスもあります。SEVEN FXもまた最大レバレッジ1000倍の取引が可能な海外FX会社です。

日本語のサポートが充実していることでも有名な会社ですので、日本語での対応がないと困る方にはオススメ出来る海外FX会社だと言えます。XEMarketsも業界最高水準であるハイレバレッジでの取引が出来ます。最大で888倍のレバレッジをかけることが出来、約定率100%と取引環境も最高水準であると言えるでしょう。また、20000ユーロの信託保全があることから、信用面でも充実している海外FX会社になります。


 

 


 

XM
最大888倍のハイレバレッジとボーナスが最大の魅力
1~888倍までの柔軟なレバレッジ率
口座残高がマイナスになっても0になる0カット制度
証拠金維持率20%以下で強制ロスカット (※レバレッジ888倍×ボーナス×0カットでハイレバレッジ条件は一番良い)
夜間および週末の証拠金率の変更なし
注文の99.35%が1秒以下で執行
リクオートは一切なし
注文拒否なし
オンラインと電話による発注
日本語サポートはメール、電話

 

 


 

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!