Axioryのトレード方法 

1-1ロゴ画像

■プラットフォームを選ばないAxioryのトレーディング環境

3-1プラットフォーム

 

Axioryのトレーディング環境は、世界中で使われる高機能なトレーディングツール「MT4」に加え、ウェブ環境があればアクセス可能な「AXIORY WebTrader」が用意されています。さらに近日、プロ用トレーディングツールとして大注目の「cTrader」の導入も決定しており、非常に魅力的な環境です。

 

 

<MetaTrader4>(MT4)

MT4は世界30ヶ国語をサポートしFX、CFDs、インデックスの取引が可能な上に、口座のカスタムや様々なテクニカル分析、迅速なチャート情報など充実した機能を持つ世界標準と呼べるトレーディングツールです。

 

 

 

■MT4での取引方法

3-2プラットフォーム

 

上の図はMT4の基本的なメイン画面です。自由にカスタマイズ可能ですが、基本は通貨ペアのチャートがメインになります。ソフトはAxioryの公式HPからダウンロード可能で、インストール後、アカウントIDとパスワードを使ってログイン可能です。

 

3-4売買方法2

 

今回は、最も基本的な取引方法をご紹介します。まず、取引したい通貨ペアのチャートを直接右クリックします。図のようなテキストボックスが表示されるので、その中から注文発注、新規注文と進みましょう。

 

3-5売買方法3

 

このようなオーダー発注画面が開きます。取引数量(Axioryでは1lot=10万通貨)や注文種別、指値を設定する場合はその設定を行い、成行きの場合は買い・売りを選択すれば完了です。

取引ポジションについてはMT4の画面下部、取引タブを選択すればこのように確認できます。

 

 

 

<決済注文について>

3-6売買方法4

発注時に決済指値・逆指値を指定していない場合は決済処理が必要です。指定していたとしても途中で決済、又は指値の変更をしたい場合は、保有ポジションを右クリックすることで、ショートカットメニューが開きます。その中から決済注文を選択すれば上図のような画面が開き、薄い黄色で表示されている成行き決済を選択すれば成行決済完了です。

指値・逆指値の設定や両建ての解除など変更をしたい場合は、注文種別から選択することで変更注文が可能です。

 

 

 

■Web環境でトレード管理可能なWebTrader 「AXIORY WebTrader」

3-7webtrader

 

Axioryでは、MT4の他にWeb環境があれば使うことのできるWebTrader(AXIORY WebTrader)が用意されています。公式HPからログイン可能で、ログインすると上図のようなメイン画面が開きます。

 

3-8webtrader2

 

ログイン直後のWebTraderは英語表記になっています。最初の画像は画面右上のアカウントタブから日本語表記に直したものです。

MT4ほどではありませんが、WebTraderでも様々なカスタマイズやトレーディング管理が可能です。今回は最も基本的なトレード方法についてご紹介します。

 

 

<注文・決済方法>

3-9webtrader3

 

画面右上のトレードタブから注文画面を開きます。この画面では成行注文の他に、指値・逆指値など簡単な操作でトレード管理することが可能です。

 

3-10webtrader4

 

保有ポジションや注文などの情報は画面下部に表示されます。またこの保有ポジション情報の一番右側の二つのボタンから指値や逆指値の修正と成行き決済の決済注文をすることが可能です。鉛筆のマークが修正、☓マークが成行き決済です。

 

 

3-11webtrader5

 

例として☓マークで開くことのできる決済画面です。一番下の決済を押すことで成行き決済が完了します。

 

 

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!