FXレバレッジ規制とは?

FXレバレッジ規制とは、いったいどういう規制なのでしょうか。2010年の夏から日本国内におけるFX取引会社における取引で、レバレッジをかけることが出来るのが50倍までとなりました。さらに、翌年の2011年の夏には、レバレッジの倍率が25倍までと言う規制が入ってしまいましたこの規制のことを、FXレバレッジ規制と呼んでいます。

個人がFX取引で資産を運用すると言った時、日本国内のFX業者で取引をするのであれば、取引口座に預ける証拠金の25倍までしかレバレッジをきかせることは出来ません。規制以前では、ハイレバレッジを売りにしていた国内FX業者も沢山ありますが、規制以後は本当に投資家の利益を追求できるサービスが必要となってきていると言っても良いでしょう。

どうしてこのようなレバレッジ規制が入ることになってしまうのかと言いますと、レバレッジをきかせることは諸刃の剣であるからです。自分の用意した資金以上の取引をすることが出来るのがFX取引の魅力だと言っても良いでしょう。

仮に証拠金10万円に対して、レバレッジを10倍にしていたとします。また、米ドルが100円の時に購入したと考えて下さい。101円になった時には、レバレッジなしの10万円取引では1000円の利益が出ることになりますし、99円となった時には1000円の損益になります。

10倍レバレッジをかけている時にはこの額が10倍になります。つまり、1万円の利益か1万円の損益かと言うことです。この例では大きな損益は出ませんが、100倍のレバレッジをかけていると損益は10万円になってしまいます。

つまり、資金が全部なくなってしまうと言うリスクがあるのです。なくなってしまうだけならまだしもマイナスになることもあるので、あまりに高いレバレッジは規制されたと考えて良いでしょう。

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!