MyFxMarketsとAxi

myfxmarkets-hp-image

 

axitrader-hp-image

 

MyFxMarketsのロゴーマークを見ると金融庁からの圧力で日本から撤退したAxitraderに似ています。なにかしらの関係があるのかもしれません。そのAxitraderはオーストラリア最大の業者でオーストラリアのFX業界トップシェアを誇る有力FX会社でした。しかし日本語サービスはいまいちであまり日本人の投資家を積極的に歓迎はしていませんでした。そのため使っている方は少数派でした。しかし余計なものが少ないためか、取引サービスの質はとてもよく隠れた優良FX会社として認識されていました。使っている方もあまり投資家が増えてサーバーに負担をかけてほしくなかったために黙っていたのかもしれませんね。

 

風のうわさですが、日本で有名なPepperstoneはこのAxitraderのホワイトラベルだったみたいです。ホワイトラベルというのはカンタンにいえばシステムもサーバーもすべてのFXビジネスモデルを貸し出すサービスです。借りた側はAxitraderの確立したFXサービスをカンタンに顧客に提供できる代わりに、いくらかのロイヤリティをAxitraderに支払うものです。コンビニなどのフランチャイズをネット上で行っているようなものですね。そのためPepperstoneは本家Axitraderよりもスプレッドが広かったと言われています。ロイヤリティ負担のためにスプレッドコストが上乗せされていたということですね。そのためPepperstoneよりAxitraderのほうが余計な上乗せがなくて質がよいと言われている理由でしょう。

 

その理屈でいえばMyFxmarketsはAxitraderにそっくりなのは、こちらもAxitraderのホワイトラベルを利用しているということなのかもしれません。 Axitraderのように、狭いスプレッド、約定力がも強い、日本語サポートもあります。

 

MyFX(マイエフエックス)
日本語サポート評判よかったAxitraderの子会社?ホワイトラベル?
入出金手数料が無料で入金にコストがかからない
レバレッジも400倍
追証なしの0カット制度
ドル円のスプレッドが最狭0.4pips

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!