海外FX会社ふりかえり(ICMarkets)

ふりかえり:ICMarkets

 

管理人

今回はICMarketsをふりかえってみましょうか。

 

訪問者

ああ、知ってる。金利が付いたりするIFCMarketsね。

 

管理人

違います。ICMarketsです。

IFCMarketsと一文字違いなのでややこしいですが全然違う業者です。

IFCMakretsはカリブ海のBVI:英国領ヴァージン島のオフショアFX会社です。

ICMarketsはオーストラリアのFX会社です。

設立された国が全く違います。

 

訪問者

紛らわしいな・・・

 

管理人

多分、両社ともおんなじこと思っていますよ。

おめえの会社名、うちと似ていて紛らわしいんだよ!って

IFCMakretsはまだ日本市場へ営業を続けている業者ですが、

ICMarketsは過去に日本に営業をしていたオーストラリアFX会社です。

 

訪問者

へえ、オーストラリアFXって多かったんだ。

Pepperstone、Axitrader、Thinkforex、それにこれね。

 

海外FX会社ふりかえり(ThinkForex)

2017.03.19

海外FX会社ふりかえり(Axitrader)

2017.03.16

海外FX会社ふりかえり(Pepperstone)

2017.02.17

 

管理人

そうですね。オーストラリアのFX会社はかなり日本市場に進出していました。

このICMarketsもその一つでした。

他のオーストラリアFX会社と同じスペックです。

レバレッジ500倍、0カットは建前上はなし、

NDD方式のECNで透明性の高いレート、

資産管理はオーストラリアの大手金融機関。

 

訪問者

他のオーストラリアFX会社と同じ感じだね。

なにか他に特徴はなかったの?

 

管理人

Metatraderの他にcTraderのツールが使えましたね

他にはスキャルピングOKとかの条件でした。

 

 

訪問者

うーん、オンリーワンって感じではないね。

どこかで聞いたことあるようなものばかりだ。

他には?

 

管理人

特徴というか、デメリットがありました。

日本語サポートがおざなりになっていたことです。

 

訪問者

へ!?それ一番ダメなやつじゃん。

サポート無しで日本市場に進出していたの?

 

管理人

ASICは日本居住者禁止にする前から他国のトレーダーを受け入れることに難色を示していたみたいです。

そういったASICに見せる顔もあったのではないでしょうかね。

それはおいておいても、ICMarketsが日本語サポートをほとんどしてなかったのは事実です

一応、ランディングページなんかは日本語でさぞ条件の良い業者であるという説明がありますが、そこだけなんです。

公式サイトは日本語になりませんでしたし、マイページも日本語になっていません。サポートも対応もひどく、ランディングページでは日本語のメールやTELができると書いていましたが、その内容は翻訳ツールを使った素人まるだしのものでしたから。

 

【公式サイト】

 

訪問者

なるほど、そりゃひどいな。

これじゃあ人気も出なかったんでしょ。

 

管理人

全然人気がありませんでしたね。

むしろ最初にいったIFCMarketsのほうがまだマシってくらいです。

 

訪問者

なるほど。納得だわな。

日本人受け入れるなら少なくとも日本語サポートくらいしっかりしてほしいわ。

そういう意味じゃあXMとかIFCMarketsって最初からずっとサポート続けているわけね。

見方が少し変わるわ。

 

管理人

そんな感じで日本人の利用者もほとんどいなかったみたいです。

他にオーストラリアFX会社が日本居住者を禁止したりしたときも特に話題にはなりませんでした。

はなっから日本人はいなかったのかもしれませんね。

 

訪問者

もう話すことねえな。

まぁ予測はつくけど一応聞いておくか。

他のオーストラリアFX会社は隣のニュージーランドなんかに別会社や子会社を作って裏では日本人の受け入れを続けている所も多いけど、ここはどうだったの?

 

管理人

多分、やってないと思いますよ。人気なかったですからね。

Myfxmarketsとかtitanfxなんかは本社の人気があるからユーザーも付いてきますし、本社のサービスをそのまま移行したりすればユーザーも喜んで需要が出てきますけど、そういった土台がないからですね。

 

訪問者

なるほ。やっぱりそうか。

 

管理人

それじゃ、本当に話すことなくなっちゃったので終わります。

 

 

 

 

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!