海外FX会社ふりかえり(ThinkForex)

ふりかえり:ThinkForex

 

管理人

今回はオーストラリア系FX会社Thinkforexを振り返ってみます

 

訪問者

この業者よく知らないわ・・・

 

管理人

そうですね。オーストラリアFX会社ではやはりPepperstoneが大人気で、次点がAxitraderでした。

他のFX業者も結構合ったんですけど、あまり人気が出ませんでした。

このThinkforexもそれほど人気が出ていませんでした。

 

訪問者

なぜPepperstoneとの差がついたの?

 

管理人

まぁ基本的にはPepperstoneがいち早く日本市場に目をつけて日本市場への営業に力を入れたことですね。

他の業者は日本市場が魅力的に見えながらも、なかなかサポートに力を入れませんでした。

 

訪問者

実際のThinkforexのスペックは?

というか、Thinkforexってなんて読むの・・・

 

管理人

Thinkforexと書いて「シンク・フォレックス」です。

Thinkforexのスペックとしては他のオーストラリア系FX会社と同じです。

低スプレッドでレバレッジは500倍ほど。VPSサービスなども提供していましたね。

顧客資産もTRUST口座で預け先はNABなどオーストラリア大手金融機関でした。

PRO口座などは手数料はありますが、スプレッドなどかなり狭いです。

 

 

訪問者

ん~、特に問題ないね。というかいいスペックだね。

オーストラリア系のFX会社はどこの低スプレッドでいいな・・・

他には?

 

管理人

・・・、いえ、だいたいこんな感じです。

 

訪問者

あ、そうなの。なんか珍しいサービスとかなかったの?

ポイントサービスとか、一時的にレバレッジが高くなるとか、

 

管理人

いえ、ありませんでしたね。

オーストラリアFX会社というのはあんまりキャンペーンなどは行わないため特に期間限定のサービスなどは少ないです。

ボーナス制度などもありませんでしたし、純粋に取引環境で勝負するスペック重視の業者でしたね。

 

訪問者

なるほど。総じて良い業者だけど、なんかパンチに欠けるってことなのね。

 

管理人

そういうことですね。

だからあまり人気が出なかったのかもしれません。

 

訪問者

日本語サポートは?

 

管理人

もちろんありましたよ。

日本語サイトや日本語のメールや電話サポートもあったので、総じてよい感じでは合ったのです。

 

 

訪問者

なんかいろいろおしいところだね。

やっぱり日本から撤退しているの?

 

管理人

お察しのとおりです。Thinkforexも2014年あたりに日本市場からの撤退を表明しました。

理由はPepperstoneと同じく金融庁とオーストラリア証券投資委員会(ASIC)との間に何らかの協定なり約束事ができたりして、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)登録のオーストラリアFX会社はほぼ全て日本人営業を停止しました。

ただThinkforexは他のオーストラリアFX会社が撤退しても、結構最後まで営業していました。

No1であるAxitraderの動きが迅速だったのとは対照的ですね。

 

訪問者

やっぱりねえ。

残っていればかなり有力なFX会社になっていたのに。

ところでPepperstoneもAXitraderも子会社をニュージーランドに作ったりして、別のところで日本人を受け入れたりしているけどやっぱりThinkforexもそういうことをしているの?

 

 

管理人

いえ、Thinkforexにそういう動きはありませんでしたね。

もしかしたらどこかの新しいオフショアFX会社がそうなのかもしれませんが、情報は出ませんでした。

 

 

訪問者

うーん、じゃああまり日本人に対しての営業に力を入れてなかったってことになるわけか。

 

 

管理人

そういうことかもしれませんね。

やはりスペックも大切ですが、営業している対象である日本人のためを考えてサポートなどを充実させてほしいものです。

XMなどはいろいろ批判も多いですが、海外FX黎明期からずっとサポートをしっかりやっているところは評価できると思います。

FXPROやIRONFXなどは一方的に日本人を追い出したあと、また受け入れたりしていますが、そういう所は同じことを繰り返すかもしれませんからね。

 

 

訪問者

確かに、サポートがしっかりしているのは大切だな。

口座開設してあとはご勝手に・・・というのもさすがに。

 

 

管理人

やはり話題になってない業者は話すことが少なくなりますね。

ではふりかえりを終わります。

 

訪問者

実はよく知らなかっただけじゃねえの?

 

スポンサードリンク

ハイレバレッジと0カットを体験しよう

海外FX会社はハイレバレッジに追証なしの0カット制度が標準。
取引するとポイントが貯まるロイヤリティプログラム。
ハイレバ取引をする人に一番人気のFX業者。
最初から今に至るまで、ずっと手厚い日本語サポートを続けている!